研究内容

エピジェネティックな遺伝子発現制御と健康・病気

私達の生命活動維持の根幹には、細胞が発生・分化といった時間軸に沿ったプログラムや外界からのシグナルに対応して適切な遺伝子発現制御を行うことがあります。ゲノムの1次情報(機能配列)からクロマチンの高次構造、更には核内の様々な構造体がこの遺伝子発現制御に深く関わっています。

近年、ゲノム情報とクロマチン構造をつなぐ最も基本的な蛋白質であるヒストンの持つ転写制御機能の解明が進んでいます。その中にあって、ヒストン機能の調節にアセチル化、メチル化、リン酸化などの化学修飾が重要な役割を持つことが示され、特にこの数年、ヒストンメチル化修飾が様々なモードの遺伝子発現制御に関わることが示されて来ました。私達は現在、エピジェネティックな遺伝子発現制御、特にヒストンの化学修飾やダイナミクスを介したクロマチンの構造・ 機能制御がヒトの生命活動(健康と疾患)にどのような役割を持っているのか、その解明を目標に研究を行っています。

研究テーマ

  1. ヒストンメチル化酵素および脱メチル化酵素によるエピゲノム制御の分子基盤の解明
  2. 遺伝子改変マウスを用いた、エピゲノム制御因子の生理機能解析
  3. 哺乳類の初期発生におけるヒストンメチル化修飾のダイナミズムと機能の解析

ページトップへ